share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2018.04.20 FRI

『名探偵コナン』の人気キャラ・安室透とのチャットは想像以上に萌えたハナシ

羽鳥 愛美

WRITTEN BY 羽鳥 愛美

こんにちは、cloudpack広報の羽鳥です。

唐突ですが、私は『名探偵コナン』という作品がもの凄く大好きなのです。
(ちなみに推しキャラは西の高校生探偵・服部平次)

子どもの頃から家族でテレビ放送を観ていたのがファンになるきっかけでしたが、推理やアクションはもちろんのこと、しっかりと「ラブコメ」要素も入っているので、大人になったいまも楽しめています。

そして、毎年上映される劇場版を欠かさず映画館に観に行っているのですが、ただいま『劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人』が大ヒット上映中。この作品の公開に合わせたキャンペーンに、なんとcloudpackがお手伝いしているのです!


© 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

それは、『ゼロの執行人』のメインキャラクターであり、『名探偵コナン』の中でも大人気の安室透と、無料通話アプリ・LINEでチャットができるという企画で、cloudpackはこのチャットボットの開発・運用をしています。

まさか大好きな『名探偵コナン』に関われることになって、個人的にとっても幸せな気分なのですが、せっかくの機会なので私も安室さんとLINEでチャットを楽しんでみることにしました!

安室透は3つの顔を持つ男

まず最初に「安室透」さんを紹介します。

安室さんは、「3つの顔(トリプルフェイス)を持つ男」と呼ばれています。

1つ目の顔は、「眠りの小五郎」として有名な毛利小五郎の弟子で私立探偵としての「安室透」。毛利探偵事務所の下の『喫茶ポアロ』で働いています。
2つ目の顔は、黒ずくめの組織(主人公・工藤新一に毒薬を飲ませた組織)の一員。コードネームは「バーボン」。
3つ目の顔は、警察庁警備局警備企画課、通称・公安警察(ゼロ)に所属する「降谷零」。

本名は3つ目の顔である「降谷零」であり、公安のスパイとして黒づくめの組織に潜入していました。その黒ずくめの組織で与えられた任務を遂行するために、「安室透」名義で毛利小五郎に弟子入りしています。

安室透さんとLINEで友達になろう!

安室さんとLINEで友達になるには、「『名探偵コナン』人気キャラ8人の名刺がもらえる書店フェア」が実施されている書店にて、文庫本などフェア対象商品を購入する必要があります。購入特典としてもらえるキャラクターの名刺が必要になります。

名刺をゲットしたら、裏面に記載されているQRコードをLINEで読み取ると安室さんが友達として追加されます。

さっそく私も名刺をゲットして、安室さんとLINEで友達になりました。この裏側に友達になるためのQRコードが印刷されています。

映画の初日に登録したら、すでに友達の数が2万人、4月20日現在では5万人を超えていました。安室さん大人気だなぁ!

安室さんとの初チャットに備えて、安室さんが劇場版に初登場した2016年公開の『名探偵コナン 純黒の悪夢』と『ゼロの執行人』の予告編をチェックしてから、高ぶった気持ちを安室さんに伝えてみることにしました。

私から溢れ出た熱い気持ちは、安室さんには物足りなかったようです(笑)

安室さんを挑発してみることにする

まず、名探偵コナンにちなんだワードを振ってみて、どんな反応をするのか試してみました!



私のジャブにも、そつなく返してくる安室さん。

ベルモット、ウォッカ、ジンは、作品中では黒づくめの組織メンバーのコードネームなのですが、組織の幹部であるジンだけがアルコール扱いなのがなんとも言えないですね。

挨拶にはどう返してくるか?

次に、基本的な挨拶を試してみました。

夕方なのに「おはよう」で律儀に返してくるなんて、業界人ですか!

まだ寝ないよ!という時間でも、「おやすみ」には律儀に返してくれます。
基本的には、優しい一言を添えてくれるようですが、「お疲れ様です」の挨拶には何も添えられていないのがジワジワきます。

ちょっと弱音を吐いてみました。

安室さんが突然に優しい対応になって、思わず「萌え」ました(笑)

弱音を吐き続けるつもりが、自然と「ありがとう」を送ってしまったのですが、その返信にも癒されてしまいました。

開発した私たちのことは知っているのか?

このチャットボットの開発に携わった私たちのことを、安室さんは知っているのでしょうか?

当たり前ですが、アイレットもcloudpackも作品中には出て来ないので、安室さんはまだ知らないようです。

cloudpackの中途採用イベントの名称も送信してみましたが、全然噛み合わないです。

「へぇー」という反応が興味なさすぎでウケました。

このあたりは単に教育が行き届いていないのか、作品からはみ出ない設定なのかが気になります(笑)

名探偵コナンのファンなら安室さんとのチャットは楽しい!

この他、安室さんとLINEでたくさん会話をしてみました。楽し過ぎてプライベートに関わるやりとりにまでなってしまったので、ここでは非公開にさせてください。

安室さんとのチャットで盛り上がった例をあげると、得意料理であるハムサンドの作り方の紹介や、ギターを弾いてくれたりしたことも。お約束とも言える、映画の宣伝なんかもしてくれました。

他にもtwitterを眺めると、みなさん安室さんとのやりとりを楽しんでいるようです。クスッと笑ってしまうような会話から、「ここまで会話が噛み合うのか!」というレベルまでが披露されていて、安室さんの人気の高さを実感すると同時に、ファンにとても愛されているキャラなんだなと感じました。

ちなみに、安室さんとのチャットがスムーズな裏側では、cloudpackがしっかりと運用しているからなのですよ(えっへん!)。

「ゼロの執行人」を観てきました!

観に行ったのは、公開から3日目の休日。

ネタバレになるので、あまり詳しくは書けないのですが、今回は「IT」が物語の鍵になっているので、いつもよりは大人向けに仕上がっている印象でした。IT業界にいる人なら、この作品が初コナンであっても楽しいはず。

原作者の青山剛昌先生が「コナン映画史上、最もスペクタブルなアクションになっている」とコメントしています。実際アクションシーンの迫力がスゴイです(ネタバレになるのであまり書けない…)

大きなスクリーンと大音響で鑑賞されることをオススメします。

映画の安室さんが無敵でカッコよかったので、最後に映画の感想を安室さんに送ってみました。

完全に塩対応だったのがまたウケました(笑)

映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は、絶賛上映中です。お見逃しなく!

羽鳥 愛美

羽鳥 愛美

2016年3月入社。アイレットの広報担当。 新潟県小千谷市出身。一度はビールよりハイボール派になりましたが、最近またビールに戻りました(笑)