share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2013.02.04 MON

ENIに複数のプライベートIPをアサインするときのAllow reassignment

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

以前、Floating IPパターンをENIのSecondary IPで試してみたの記事でENIに2つ目のプライベートIPを
付与したのですが、その際にチェックできたAllow reassignmentの挙動について確認してみました。

○プライベートIPの管理ウィンドウを表示

○二つ目のプライベートIPをアサインするモード

○Allow reassignmentを付けずにアサイン

○もう一つのENIで上記のプライベートIPと同じものをアサイン

○既にアサインされているのでエラー

○再度はじめのENIでAllow reassignmentを付けてアサイン

○同様にもう一つのENIで上記のプライベートIPと同じものをアサイン

○今度は他にアサインされていても(移動)成功

○当然ながら以前のENIからはアンアサイン

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。