share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.01.29 TUE

Floating IPパターンをENIのSecondary IPで試してみた

鈴木 宏康

WRITTEN BY鈴木 宏康

今回は、先日書籍(Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド)が発売された
Cloud Design Pattern(CDP)の記事になります。

今回の対象は「Floating IPパターン」です。

このパターンではEIPを用いた方法を紹介していますが、同一サブネット限定で、ENIのSecondary IPでも
同様のことができるようなので試してみました。

図にすると、下記のようになります。

10.1.8.104のEC2に障害が発生したとします。
下記のように、そのEC2のENIから10.1.8.4を外します。

この状態ですと、10.1.8.4にpingは通りません。

# ping 10.1.8.4
...
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=184 ttl=64 time=0.322 ms
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=185 ttl=64 time=0.369 ms
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=186 ttl=64 time=0.365 ms
(通信が止まる)

そして、10.1.8.204のEC2に下記のように10.1.8.4を設定します。

10.1.8.4を利用するには、ENIにSecondary IPを付与してCentOS(6)で利用の記事のようにOSでの設定も
必要になります。

上記の設定が完了すると、次のように10.1.8.4へのpingが通り始めます。

# ping 10.1.8.4
...
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=184 ttl=64 time=0.322 ms
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=185 ttl=64 time=0.369 ms
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=186 ttl=64 time=0.365 ms
(通信が止まる)
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=672 ttl=64 time=0.364 ms
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=673 ttl=64 time=0.328 ms
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=674 ttl=64 time=0.316 ms

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。