share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.04 MON

AWS SDK for Androidを試してみる

木村 圭佑

WRITTEN BY 木村 圭佑

こんにちは。
職人見習の木村です。

最近は、Android開発にも力を入れているので「AWS SDK for Android」を試してみました。
まずは、開発環境の構築から始めていきます。

まずは、Androidの開発環境を構築します。
Androidの開発環境構築については【Android】Androidアプリの開発環境を構築する。を参照してください。

Androidの開発環境ができたら、次はEclipseに「AWS Toolkit for Eclipse」をインストールします。
こちらは既に、なかの人(spitz8008)が紹介してくれているので、AWS Toolkit for Eclipseとはを参照してください。

次に、「AWS SDK for Android」をダウンロードします。

ここまでできたら、実際にプロジェクトを作ってみます。
Eclipseを立ち上げて、「File」→「New」より、「Android Project」を選択します。

すると、上図のような画面が開くので、「Create project from existing source」を選択し、Locationに、先ほどダウンロードした「AWS SDK for Android」の中の「samples」ディレクトリにある、「AWSAndroidDemo」を選択します。

次に、ビルドパスを指定します。
先ほど作ったプロジェクトを右クリックして、「Properties」→「Java Build Path」を指定し、「Add External JARs…」をクリックします。

そして、先程の「AWSAndroidDemo」の「libs」の中の「aws-android-sdk-0.2.1-debug.jar」を指定します。

次に、AWSに接続するための、アクセスキーとシークレットキーを指定してあげます。


プロジェクトの「com.amazon.aws.demo」の「AwsCredentials.properties」ファイルの中に、accessKeyとsecretKeyを入力する場所があるので、そこに入力していきます。

以上で、準備は完了です。
実際に、デモを動かしてみると、以下のような画面が立ち上がりました。

色々できそうなので、APIリファレンスを見ながら色々いじってみよう。

※この記事は、なかの人(moresmileman)が書いています。

木村 圭佑

木村 圭佑

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。