share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.01 FRI

AWS Toolkit for Eclipseとは

小森隆太

WRITTEN BY 小森隆太

こんにちは。
見習い職人の小森です。

普段の開発業務は、Eclipseを中心に作業していることもあって
気になったので今回はAWS Toolkit for Eclipseを使ってみました。

AWS Toolkit for Eclipseとは、Eclipse上からAWSを操作したり
AWS SDK for Javaが含まれているのでJavaからAWSを操作できます。

Eclipseのメニュー→ヘルプ→新規ソフトウェアのインストール
を開いて操作対象にhttp://aws.amazon.com/eclipse/と入れます。
AWS Toolkit for Eclipseと出てくるのでチェックを入れて次へ

5項目表示されているのを確認して次へ

インストール完了後、下記の画面が表示されます。

メニュー→ファイル→新規作成→AWS Java Projcetで
Create an AWS JavaProjectが開き、サンプルプログラムを利用することも出来ます。
なお、ManagementConsole→Account→Account Activity→セキュリティ証明書→
アクセス証明書にあるアクセスキーIDとシークレットアクセスキーを
AccessKeyとSecretKeyに入力する必要があります。

ちなみに、Eclipseにビューが追加され自分のアカウントで
使用中のEC2、SecurityGroup、EBSの情報を見ることが出来ます。

Eclipseで書いたJavaをEC2上にアップすることも可能です。
この機能については、Javaフレームワークも含めて今後試してみようと思います。

※この記事は、なかの人(spitz8008)が書いています。

小森隆太

小森隆太

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。