share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2011.07.06 WED

Elastic Beanstalkとは

小森隆太

WRITTEN BY 小森隆太

こんにちは。
見習い職人の小森です。

前回のAWS Toolkit for EclipseとはでAWS Toolkit for Eclipseをインストールしましたので
今回はEclipse上からElastic Beanstalkにデプロイしてみようと思います。

Elastic Beanstalkとは、Javaアプリケーションをアップロードするだけで
EC2、Load Balancer、Auto Scalingなどが自動的に設定される機能で、
アプリを簡単にWeb上に公開することが出来ます。

実行する前に、メニュー→設定→AWS Toolkitを開き、Access Key ID、Secret Access Key、
Account Number、証明書ファイル、Private Key Fileが設定されているかを確認して
設定されなければManagementCosole→Account Activity→セキュリティ証明書→アクセス証明書
から取得して設定しておきます。

Eclipseのプロジェクト新規作成を呼び出し、AWS Java Web Projectを選択して次へ

プロジェクト名を設定し、Basic Java Web Applicationが選択されている事を確認して完了

プロジェクトが作成されます。プロジェクト名を右クリックして
AWS Web サービス→Deploy to AWS Elastic Beanstalkを開きます。

使用するTomcatのバージョンを選択して次へ

Choose an existing applicationで作成したプロジェクト名を選択し完了します。

Version Labelが表示されるのでOKします。

Management ConsoleのElastic Beanstalkを確認すると、デプロイされている事が分かります。
ちなみに緑の四角が表示されていますが、これは正常にデプロイされていることを表しています。
また、Overviewに自動で作成されたアクセス用のURLが表示されているのでアクセスする時に使用します。

作成されたURLで開く画面になります。

なお、今回はBeanStalkはまだ日本リージョンでは利用できないのでUS Eastで試してみました。

※この記事は、なかの人(spitz8008)が書いています。

小森隆太

小森隆太