share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.11.11 FRI

jQuery公式プラグイン「jQuery Templates」を使う

木村 圭佑

WRITTEN BY 木村 圭佑

こんちには。
職人見習いの木村です。

jQueryの公式プラグインはいくつかありますが、今回は、テンプレートエンジンである「jQuery Templates」の使い方をご紹介します。

まずは、jQueryとjQuery Templatesを読み込みます。

次に、HTMLに以下のように、テンプレートを差し込む場所と、テンプレート自体を記述していきます。

そして、そのテンプレートに渡す値をJSの方で指定していきます。

$.getJSON('hoge.json', function(data) {
 $('#item').tmpl(data).appendTo('#container');
 //id='container'にテンプレートid='item'を挿入する。
}

JSON等などでAjax通信を必要とするアプリケーションを制作するときに、使えます。

※この記事は、なかの人(moresmileman)が書いています。

木村 圭佑

木村 圭佑

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。