share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.12.17 WED

Amazon S3のウェブサイトホスティングでリダイレクト設定を行う

古渡 晋也

WRITTEN BY古渡 晋也

はじめに

こんにちは。cloudpack のインフラエンジニアレベル1の @f_prg (古渡晋也) です。

昨年、JAWSのアドベントカレンダーに記事を投稿させていただきました。
ブログをWordPressからHexoで生成した静的サイトに移行しました為に記事のURLが変更になってしまいました。
そこで、Amazon S3のウェブサイトホスティングの設定してリダイレクト制御をしたいと思います。

S3のウェブサイトホスティングの設定をする

まず、元のURLはこちらです。

「JAWS-UGに関わってからの今まで、そしてこれから」
http://blog.star-flare.com/posts/2013-12-16/1366/

こちらの記事を下のURLに移行させます。
http://blog.star-flare.com/2013/12/16/jawsug-advent-calender/

S3のRedirection Rulesを設定します

まず、公式のドキュメントはコチラです。
Configure a Bucket for Website Hosting – Amazon Simple Storage Service

Management Consoleにて、S3のRedirect Rulesを設定します。

<RoutingRules>
	<RoutingRule>
		<Condition>
			<KeyPrefixEquals>posts/2013-12-16/1366/</KeyPrefixEquals>
		</Condition>
		<Redirect>
			<ReplaceKeyPrefixWith>2013/12/16/jawsug/</ReplaceKeyPrefixWith>
		</Redirect>
	</RoutingRule>
</RoutingRules>

ブラウザで確認します

これで完了です。
ブラウザでアクセスしたら、リダイレクトされるようになりました。

まとめ

今回は、1つのページでしたがこれが複数だったら大変ですね。
移行する際は、URLの構成はキチンとしてからしたほうがよいですね。

補足、おまけ

文字数制限があるはずなので、多く定義することは無理だと予想されます。
多分。ちゃんと調べなきゃ。。。

参考資料・リンク

Configure a Bucket for Website Hosting – Amazon Simple Storage Service

元記事はこちらです。
S3のウェブサイトホスティングでリダイレクト設定を行う | f_prgのブログです。

古渡 晋也

古渡 晋也

縁があって、cloudpackにジョインしました。 JAWS-UG さいたま支部コアメンバーとしても活動しております。 cloudpackにてインフラ設計・構築・運用をしております。 HadoopやMongoDBなどいろいろ経験しております。 あと、開発もできるエンジニアです。 開発可能な言語はC, C++, C#, アセンブラ, PHP, Ruby, JavaScript, Java, Objective-Cです。