share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.11.16 WED

RDS(Multi-AZ)をあとから立ち上げでEC2と同ゾーン

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

EC2とRDS間は大量のインサートなどが走るバッチ系の場合は、同一ゾーンに合わせた方が良さそうです。
※通常のwebページでは特に問題ないレベルですが、別ゾーンだとやはりパフォーマスが下がるようです。

RDSをMulti-AZで起動すると、どのゾーンで起動されるかわかりません。

そこで、まずMulti-AZをNOでゾーンを指定して立ち上げ、そのRDSを後からMulti-AZをYESにすると
ゾーンを合わせることができます。

この手順はしばらく必須になりそうです。

EC2側で合わせることもできますが、EC2を立ち上げてからの場合は、この方法でゾーン合わせることができます。

フェールオーバーして逆になった場合は、EC2側で合わせるしかないのですが、
この辺りが対応できるようになると、更に使い勝手が良くなりRDSも更に人気が出そうです。

こちらの記事はなかの人(kenjionsoku)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。