share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.12.01 MON

JAWS-UG東京勉強会で「10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート」を話してきました

吉田 真吾

WRITTEN BY吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの 吉田真吾 (@yoshidashingo) です。

「10分で押さえる」と言いつつ10分に収まりませんでしたが、新サービス・アップデートの話をしてきました。

ポイント

参加者や出展が年々増えてる

今回 AWS re:Invent 2014、3回目でしたが、初回の6,000人から2倍に増えて13,000人以上、出展者は初回の96から266社(吉田調べ)と3倍にも増えています。セッション数も300近くあり、2日半あるにも関わらず慌ただしいほどインプットの量があります。

日本の技術者の利用レベルが高いことを示した「プレミア4社認定」

プレミアコンサルティングパートナーという明確な要件を満たした導入のスペシャリスト集団が28社中4社も認定されたというのはAWSの普及レベルや応用の幅広さを示したよい機会だったと思います。

開発プロセスからモダン化・効率化したい!「DevOps Engineer – Professional」制度

フロントシステムへのAWS採用だけでなく、それを取り巻く開発体制のモダン化の流れで DevOps を推進して定着したい需要が増えてますが、これに答えるかのように認定試験が開始されました。英語、難しかったです。

2014/11/29現在(プレビューでも)使える新サービス・使えない新サービスがある

使える
まだ使えない

元記事はこちらです。
JAWS-UG東京勉強会で「10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート」を話してきました

吉田 真吾

吉田 真吾