share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

勉強会資料『JAWS-UG静岡 #1 Introduction to AWS SDK for Ruby』を公開しました

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

11月27日に開催されたAmazon Web Services勉強会 at 静岡で、
cloudpackの磯辺(@muramasa64)が登壇し、LTを行いました。

今回のLTでは、AWS SDK for Rubyの概要を説明しました。
AWS SDK for Rubyでできることや利用方法、注意する点などについて、利用事例を交えながら紹介し、
また、利用する上で困った場合に、AWS Developer Forumを活用する方法についても説明していました。

最後に、欲しい機能をサンタにつぶやくAWSの2011 Xmas企画「サンタに願いを」(#サンタクラウド)の
紹介もさせてもらいました。

使用したドキュメントは、JAWS-UG静岡 #1 Introduction to AWS SDK for Rubyよりご確認ください。

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。