share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.12.02 FRI

NagiosでSSL証明書有効期限の確認を行う

今回は、NagiosでのSSL証明書有効期限の確認方法を紹介します。

SSL証明書の更新の通知は、通常SSL認証局よりメールにて連絡があります。

この通知メールを見落としてしまうと、更新されずに期限が切れてしまいますので、Nagiosからの有効期限をチェックすることは、更新メールを見落としてしまった時に有効だと思います。

コマンドは下記となります。
(有効期限30日前の監視方法となります。)

/usr/lib/nagios/plugins/check_http --ssl -H コモンネーム -p 443 -C 30

有効期限が30日前の場合、下記のようなアラートとなります。

WARNING – Certificate expires in 25 day(s) (12/27/2011 16:46).

念の為に、NagiosからもSSL証明書の確認をしておくのも良いと思います。

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。