share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.11.14 FRI

AWS re:Invent 2014 現地リポート 第3弾 ~ AWS CodeDeploy, CodePipeline, CodeCommit の発表

廣瀬 一海

WRITTEN BY廣瀬 一海

おはようございます!王子こと廣瀬一海 (@kazumihirose) です。

11/12日 AM9:00からKey Noteがスタートしました!

毎度のことながら新サービスが発表されています。AWSが培ってきた技術や運用で得た知見をエンタープライズに持ちこむ事をかなり意識したサービスばかりでした。

キーノート

様々なアグレッシブな事例が公開されていく中、新サービスの紹介が始まりました。AWSが社内で利用していたCI(Continus Integration)デプロイメントサービスで、Apolloと呼ばれていた一連の開発サービスを提供しました。
re:Invent 2014: 11/12 キーノート (1)
re:Invent 2014: 11/12 キーノート (2) "Build & Deploy Software at Amazon"
re:Invent 2014: 11/12 キーノート (3) "Deployment Cycle"

AWS CodeDeploy

AWS CodeDeployはAWSが社内で利用していたCI(Continus Integration)デプロイメントサービスで、Apolloと呼ばれていたものです。
re:Invent 2014: 11/12 キーノート (4) AWS CodeDeploy

  • ローリングアップデート(複数インスタンスに対しての、順次アップデート )
  • デプロイメントのヘルストラッキング
  • デプロイメントに対してのロールバックサポート

今まで、AWSがサービス開発を行ってきた環境をPaaSプラットフォームとして提供したものといえるでしょう。
re:Invent 2014: 11/12 キーノート (5) AWS CodeDeploy - Image

AWS CodePipeline

AWS CodePipelineはいわゆる国内ではJenkinsに相当する製品にあたり、自動テストを行った後にデプロイメントを自動的に行う。いわゆる、テスト駆動型開発を行う為の製品と言えます。2015年の早期には提供開始予定との事です。
re:Invent 2014: 11/12 キーノート (6) AWS CodePipeline

  • 繰り返し、自動でインテグレーションする機能
  • あらゆるリポジトリからソースコードを持ってくる事ができます
  • ワークフローの定義とそのフローの可視化
  • 既にあるビルドツールとテストツールを使えます
  • AWS社内で普及、利用されています

AWS CodeCommit

AWS CodeCommitはGitやSVNに相当する、SCM(ソースコードマネジメントシステム)とWebでのチケット管理システムになります。Githubを想像してもらうのが一番手っ取り早い理解です。また、耐久性もあり、高い可用性を持っており、安心してコードを預ける事ができます。
re:Invent 2014: 11/12 キーノート (7) AWS CodeCommit

また、いわゆるBlueGreenデプロイメントといいますが、AzureのCloudServicesなどと同じように、コードがどの状態(TEST/Stating/Production)にデプロイメントされているかを即座に確認する事ができます。 ChefやPappetその連携もシームレスに行う事ができるそうです。

  • クラウドでソースコードのマネジメント
  • ステージング環境、テスト環境、プロダクション環境へのデプロイメント
  • リポジトリとその関連するファイルサイズの制限無し

2015年の早期には提供開始予定との事で、課金体系なども気になるところです。

廣瀬 一海

廣瀬 一海