share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.12.26 MON

NagiosのCloudWatchプラグイン(PHP版)

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

以前、@j3tm0t0さんが公開されたNagiosのプラグイン、check_cloudwatchとほぼ同様のプラグインをCloudWatchとの通信をPHPで行うものを作成してみました。
(元祖check_cloudwatchはコマンドラインツールを利用しています)

下記のように利用できます。

# ./check_cloudwatch 
> -c 20 
> -w 10 
> -f credential.yml 
> -r ap-northeast-1 
> -n AWS/EC2 
> -m CPUUtilization 
> -s Average 
> -u Percent 
> -d InstanceId 
> -v i-xxxxxxxx 
CloudWatch CRITICAL - AWS/EC2 CPUUtilization Average InstanceId i-xxxxxxxx: 25.092 Percent;| data=25.092;10;20;0;

コードは下記のようになっています。 (エラー処理は不完全な状態です。)

require_once("/opt/aws/php/latest/sdk.class.php");

// define status
$ok       = array("code" => 0, "name" => "OK");
$warning  = array("code" => 1, "name" => "WARNING");
$critical = array("code" => 2, "name" => "CRITICAL");
$unknown  = array("code" => 3, "name" => "UNKNOWN");

// set option
$option = getopt("c:w:f:r:n:m:s:u:d:v:");
$critical_size = $option["c"];
$warning_size  = $option["w"];
$credential    = yaml_parse_file($option["f"]);
$region        = $option["r"];
$namespace     = $option["n"];
$metrics       = $option["m"];
$statistics    = $option["s"];
$unit          = $option["u"];
$name          = $option["d"];
$value         = $option["v"];

// init cw
$cw = new AmazonCloudWatch($credential["accessKey"], $credential["secretKey"]);
$cw->set_region($region);
date_default_timezone_set("Asia/Tokyo");

// get metric statistics
$response = $cw->get_metric_statistics(
    $namespace,
    $metrics,
    "-10 minutes",
    "now",
    300,
    $statistics,
    $unit,
    array(
        "Dimensions" => array(
            array("Name" => $name, "Value" => $value)
        )
    )
);
$data = (float)$response->body->GetMetricStatisticsResult->Datapoints->member->$statistics->to_string();

// check status
if($data > $critical_size) {
    $status = $critical["code"];
} elseif($data > $warning_size) {
    $status = $warning["code"];
} elseif($data > 0) {
    $status = $ok["code"];
} else {
    $status = $unknown["code"];
}

// output status
$output = " - ${namespace} ${metrics} ${statistics} ${name} ${value}: ${data} ${unit};| data=${data};${warning_size};${critical_size};0;";
switch($status) {
    case $ok["code"]:
        print("CloudWatch " . $ok["name"]       . $output);
        exit($ok["code"]);
    case $warning["code"]:
        print("CloudWatch " . $warning["name"]  . $output);
        exit($warning["code"]);
    case $critical["code"]:
        print("CloudWatch " . $critical["name"] . $output);
        exit($critical["code"]);
    case $unknown["code"]:
        print("CloudWatch " . $unknown["name"]  . $output);
        exit($unknown["code"]);
}
print("CloudWatch " . $unknown["name"] . $output);
exit($unknown["code"]);

AccessKey、SecretKeyは下記のファイルにまとめています。

accessKey: “XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX”
secretKey: “ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss”

さらにブラッシュアップした際には、再度紹介しようと思います。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。