share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.12.26 MON

ELBを使用した際にGraphAPIからウォール投稿を行う場合の注意点

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

ELBを利用してFacebookアプリを作った場合に発生する、特殊なケースです。

ウォール投稿の際、pictureに有効なURLを指定しているのに、なぜか反映されない場合があります。
尚、現象は以下の通りです。

ELBに対しroute 53を使いAレコードでドメインを割り当てる

割り当てたドメインで画像の参照を確認

Grapth APIから投稿しても反映されない

推測ではありますが、原因としては、ELBに割り当てたドメインからFacebook側が引けていないようです。
CNameだと反映するのか等、細かい検証はしていませんが、解決方法としては、
Grapth APIからの投稿時にELBのデフォルトドメインにすることで、Facebook側で取得、保存することができます。

こちらの記事はなかの人(hiroki0907)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。