share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.12.27 TUE

VPC上のELBに対するサブネットのCIDRブロックについて

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

VPC上のELBはサブネットに所属しますが、ELBはスケールするため、
サブネットのIPアドレスレンジはある程度確保しておく必要があると思います。

それでは、どの程度確保しておく必要があるかについてですが、
How Do I Use Elastic Load Balancing in Amazon VPC?に記載されていました。

上記によると、次の引用の通りになります。

In order to ensure that your load balancer can scale properly,
the subnet that you attach the load balancer to should be at least a /25 CIDR block
and should have enough free IP addresses to scale.

ELBが適切にスケールできるように、ELBが所属するサブネットのCIDRブロックは
少なくとも”/25″にし、自由に利用できるIPアドレスを確保すべきです。

例として、下記のようにサブネットを割り振るようになると思います。

サブネット: 192.168.1.0/25
ネットマスク: 255.255.255.128
ネットワーク: 192.168.1.0
ホストのレンジ: 192.168.1.1 – 192.168.1.126
ブロードキャスト: 192.168.1.127

尚、VPCの場合は下記の先頭3つのIPアドレスが予約されています。

192.168.1.1 192.168.1.2 192.168.1.3

実際にEC2に割り振れるIPアドレスは、下記となります。

192.168.1.4 – 192.168.1.126

以上のことから、ELBのサブネットは/25ということになります。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。