share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.01.06 FRI

MySQL5.1をソースからコンパイル

今回は、MySQL5.1系のソースからのコンパイル方法を紹介します。

はじめに、ncurses-develをインスールします。

yum install ncurses-devel

MySQLは、ここからSource Codeを指定してダウンロードします。

今回は、/usr/local/mysql にインストールします。
また、innodbを利用する場合は、オプションでinnobaseを指定します。

./configure --prefix=/usr/local/mysql --with-plugins=innobase
make
make install

インストール後データを初期化します。

/usr/local/mysql/bin/mysql_install_db

起動スクリプトは、下記となります。

/usr/local/mysql/share/mysql/mysql.server

これをmysqlとして、下記にコピーします。

/etc/rc.d/init.d/

my.confのサンプルは、下記の場所にありますので、サーバのスペックに合わせて利用可能となります。

/usr/local/mysql/share/mysql/

my-small.cnf
my-medium.cnf

後は、通常通り下記のコマンドで起動します。

/etc/rc.d/init.d/mysql start

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。