share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.01.11 WED

check_digコマンドでDNSチェック

Nagiosのcheck_digコマンドを利用することでDNSチェックを行うことが可能です。
DNSチェックを行うことで、正常にDNSが引けているか確認できます。

ネームサーバの設定情報は、whois等のサイトで確認できます。

例として、下記の条件の場合、コマンドは次のようになります。

ドメイン名:hoge.jp
ネームサーバ:ns-1227.awsdns-25.org

/usr/lib/nagios/plugins/check_dig -l hoge.jp-H ns-1227.awsdns-25.org

正常にDNSが引けている場合の帰り値は、下記となります。

DNS OK – 0.080 seconds response time (hoge.jp. 360 IN A xxx.xxx.xxx.xxx)|time=0.079870s;;;0.000000

DNSが引けていない場合の帰り値は、下記となります。

DNS CRITICAL – 0.085 seconds response time (No ANSWER SECTION found)|time=0.085323s;;;0.000000

サイトが表示しない場合等の切り分けに利用できると思います。

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。