share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.11.06 THU

pry使ってknifeを流す

比嘉 啓太

WRITTEN BY比嘉 啓太

こんにちは、cloudpack比嘉です。

rubyやってる人には当然のことでしょうけど自分は知らなかったのでメモ

10台ぐらいまでなら手動でもいいのかもしれないけど増えてくると大変だろうからpryを使って一気に流す

# pry
> nodes = (1..4).map {|n| "hostname-role-#{n}"}
> nodes.reject do |node|
>   system "knife solo prepare #{node}"
> end
> nodes.reject do |node|
>  system "knife solo cook #{node} --why-run"
> end
エラーになるホストがなければ下を実施
> nodes.each do |node|
>  system "knife solo cook #{node}"
> end
  • 配列はnodes=%w()で改行しながら入力でも可
> nodes = %w(
> hostname-role-1
> hostnmae-role-2
> )
  • rejectは戻り値がFalseだったものを表示する
  • eachはnodesの分だけ繰り返す

元記事はこちらです。
pry使ってknifeを流す

比嘉 啓太

比嘉 啓太

沖縄出身エンジニア。サーバ構築等のインフラを担当しています。最近はWindowsとUbuntuをさわっていることが多いです。