share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.01.17 TUE

SELinux設定を無効にする

SELinuxはセキュリティ上、とても強力だと思いますが、その為に、サーバ運用時には少し不便になる場合があります。

そのような場合は、SELinuxを無効にします。

まずは、SELinxの状況確認をします。
確認コマンドは下記となります。

sestatus

有効の場合は、下記のように表示されます。

SELinux status: enabled
SELinuxfs mount: /selinux
Current mode: enforcing
Mode from config file: disabled
Policy version: 21
Policy from config file: targeted

設定を無効にする場合は、下記を修正します。

/etc/selinux/config

【変更前】
SELINUX=enforcing

【変更後】
SELINUX=disabled

設定を反映させるにはサーバのrebootが必要となります。

reboot後sestatusコマンドを実行すると、下記となります。

SELinux status: disabled

AWSのAMIでManifest名にHourly2と記載されているRHELはSELinuxは、デフォルトで有効設定となっていたので注意が必要です。

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。