share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.01.31 TUE

NagiosのCloudWatchプラグイン(PHP版)を実際に利用

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

少し時間が経過してしまいましたが、NagiosのCloudWatchプラグイン(PHP版)で作成した
NagiosのCloudWatchプラグインを実際に利用して、EC2のCPU使用率を監視してみました。

はじめに、下記のようにコマンドを定義します。

define command {
    command_name    check-cloudwatch-cpu-cloudpack
    command_line    /opt/cloudpack/nagios/check_cloudwatch -f /opt/cloudpack/conf/$HOSTGROUPNAME$/credential.yml -n AWS/EC2 -m CPUUtilization -s Average -u Percent -d InstanceId -r ap-northeast-1 -w $ARG1$ -c $ARG2$ -v $ARG3$
}

次に、下記のように作成したコマンドを利用して、EC2を監視するようにします。

define service {
    use                    admin_cloudpack.jp-service
    host_name              admin_cloudpack.jp_admin-a-ec2
    service_description    cloudwatch_cpu
    service_groups         cloudwatch_cpu
    check_command          check-cloudwatch-cpu-cloudpack!60!80!i-xxxxxxxx
}

今回は、CPU使用率が60%でWARNING、80%でCRITICALになるようにしています。

Nagiosを再起動することで、下記のように監視できていることが確認できます。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。