share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.02.20 MON

Perl5.8系をインストール

CentOS6系の場合、Perlのバージョンは5.10系がインストールされており、5.8系をインストールする場合は、ソースからコンパイルする必要があります。

ソースは、こちらのIndex of /APCのページからダウンロードが可能です。

尚、5.8系の場合は下記のコマンドになります。

rsync -avz rsync://perl5.git.perl.org/APC/perl-5.8.x .

configureは下記のようになります。

./Configure -de -Accflags='-fPIC' -Dprefix=/usr/local/perl-5.8

今回は、mod_perlのインストールを考えているので、下記のオプションを追加します。

-de -Accflags='-fPIC'

このオプションを付与しないと、mod_perlのmake時にエラーが発生します。

その後、下記のコマンドで完了です。

make test
make install

/usr/local/perl-5.8/bin/perl

上記にインストールされるので、後はシンボリックリンクで
下記の設定をしておきます。

ln -s /usr/local/bin/perl /usr/local/perl-5.8/bin/perl

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。