share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.02.22 WED

ApacheをSourceからインストール

基本的なところになるのですが、今回はApacheのSourceからのインストール方法を紹介します。
最近はyumによるインストールが増えましたが、稀にSourceからのインストールが求められる時があります。

ダウンロードはThe Apache HTTP Server Projectから可能です。

コンパイルオプションは下記のように行いました。

./configure
–prefix=/usr/local/a20120222-1-prefork
–with-mpm=prefork
–enable-so
–enable-rewrite
–enable-ssl
–disable-userdir
–with-ssl=/usr/include/openssl

make
make install

/usr/local/a20120222-1-preforkが作成できるので、apache2というシンボリックファイルを作ると便利です。

ln -s /usr/local/a20120222-1-prefork /usr/local/apache2

なぜ、prefixでapache2を指定しないかと言うと、Apacheをアップデートする場合、
新たに下記を作成し、現行のhtdocs confをこれにコピーして

a20120322-1-prefork

下記のシンボリックリンクを作成すれば簡単に、アップデートができるからです。

ln -s /usr/local/a20120322-1-prefork /usr/local/apache2

後は、apachectl httpd.confの下記を次に変更して完了です。

a20120222-1-prefork

apache2

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。