share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.03.02 FRI

Amazon VPCのNATインスタンスを作ってみる(環境準備編)

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

はじめに、NATインスタンスを配置するサブネットを用意します。
このサブネットのルーティングは下記のように0.0.0.0/0がInternet Gatewayに向くようにしておきます。

そして、このサブネット上にNATインスタンスにするEC2インスタンスを起動し、他の宛先のトラフィックも
受け付ける為、下記のようにSource / Dest CheckをDisableにします。

Source / Dest CheckをDisableにする際には、対象をインスタンスかENIか選択することになりますが、
今回はインスタンスを対象にしています。
(インスタンスにデフォルトで付いているENIが対象となります)

次に、上記のNATインスタンスを利用するサブネットを用意します。
このサブネットのルーティングは下記のように0.0.0.0/0がNATインスタンスに向くようにします。

下記のように0.0.0.0/0がNATインスタンスに向くサブネットができたので、このサブネット内の
インスタンスから、NATインスタンスを経由する実験をすることが可能な環境の構築ができたことになります。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。