share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.10.07 TUE

EBSのアカウント内合計サイズをボリュームタイプ毎に算出する(AWS CLIワンライナー)

三浦 剛慈

WRITTEN BY 三浦 剛慈

cloudpack三浦 剛慈です。

EBSのアカウント内合計サイズをボリュームタイプ毎に算出するaws cliワンライナー書きました。

EBSサイズの上限に達しているかどうか等を調べる時に使えるかと思います。

$ aws ec2 describe-volumes|jq '.Volumes[]|select(.VolumeType == "ボリュームタイプ(gp2 or io1 or standard)")|.Size'|awk 'BEGIN{SizeSum=0}{SizeSum+=$1}END{print SizeSum " GB"}'

ボリュームタイプはそれぞれ
gp2 = General Purpose (SSD) volumes
io1 = Provisioned IOPS (SSD) volumes
standard = Magnetic volumes
に該当します。

実行例

$ aws ec2 describe-volumes|jq '.Volumes[]|select(.VolumeType == "gp2")|.Size'|awk 'BEGIN{SizeSum=0}{SizeSum+=$1}END{print SizeSum " GB"}'
20398 GB

上記実行結果だと、General Purpose (SSD)の合計サイズが、上限20TiBに近い事が分かります。

元記事はこちらです。
EBSのアカウント内合計サイズをボリュームタイプ毎に算出する(AWS CLIワンライナー)

三浦 剛慈

三浦 剛慈

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。