share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.09.28 SUN

[Linux] RHEL7でタイムゾーンを変更する

磯辺 和彦

WRITTEN BY磯辺 和彦

こんにちわ、cloudpack磯辺和彦です。

訳あって、ついにRHEL7を触り始めた。さっそくタイムゾーンの変更から、と思って調べてみると、timedatectlというコマンドが用意されているようだ。

現状の確認

# timedatectl status
Local time: Mon 2014-09-08 03:32:45 EDT
Universal time: Mon 2014-09-08 07:32:45 UTC
RTC time: Mon 2014-09-08 07:32:44
Timezone: America/New_York (EDT, -0400)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
RTC in local TZ: no
DST active: yes
Last DST change: DST began at
Sun 2014-03-09 01:59:59 EST
Sun 2014-03-09 03:00:00 EDT
Next DST change: DST ends (the clock jumps one hour backwards) at
Sun 2014-11-02 01:59:59 EDT
Sun 2014-11-02 01:00:00 EST

Asia/Tokyoに変更する

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

変更した結果

# timedatectl status
Local time: Mon 2014-09-08 16:33:27 JST
Universal time: Mon 2014-09-08 07:33:27 UTC
RTC time: Mon 2014-09-08 07:33:27
Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

これにより /etc/localtime のシンボリックリンクが適切なものに変更されている。

 # ls -la /etc/localtime
 lrwxrwxrwx. 1 root root 32 Sep  8 16:33 /etc/localtime -> ../usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo

以前と同じ方法でも変更はできるが、timedatectlによってより簡単に変更することができるようになったようだ。

元記事はこちらです。
[Linux] RHEL7でタイムゾーンを変更する

磯辺 和彦

磯辺 和彦

cloudpackに参加して以来、設計・構築・運用・開発・セキュリティなど様々な経験を経て、現在は主に社内インフラ関連を担当中。WEB+DB Press Vol.85に記事書きました。