share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.04.03 TUE

MT5 ウェブサイト直下にブログ公開・自動再構築で記事一覧を更新

齋藤 充裕

WRITTEN BY 齋藤 充裕

こんにちは。
職人見習いの齋藤です。

MT5でサイトを構築する場合、まずはウェブサイトを作成し、その中(ウェブサイトの下の階層)に
ブログを作成していくという形で構築することになりますが、ウェブサイトではなくブログを
最上位の階層にしたい場合があります。
そういうケースの場合は、まずは上記の通りウェブサイトを作成し、その下にブログを作成します。
次にウェブサイトの「設定→全般」で公開パス(ウェブサイトURL・ウェブサイトパス)を設定し、
ブログの公開パスにウェブサイトの公開パスで入力したものと同じ内容で設定します。

■ウェブサイトパス設定画面

■ブログパス設定画面

デフォルトではブログURLとブログパスに「BLOG-NAME」と入っているので
それを削除し、空欄にして保存します。

↓↓↓

これでブログを最上位として扱うことができ、
サイトを構築する感覚はほぼMT4と同じような感じになります。

例えば上記の方法で最上位にブログを作成してポータルサイトのような立ち位置にし、
その下の階層に複数のブログを作成した場合、下の階層のブログで新規で記事を作成したら
最上位のポータルサイトの記事一覧にも反映させたいところですが、別のブログなので、
下の階層で記事を作成した後、ポータル側も手動で再構築が必要になります。
そこで、このような場合は Cron を使って最上位のポータルサイトを定期再構築させることで実現できます。

定期再構築にはプラグインの mt-rebuild を導入し、
Cron で定期的に mt-rebuild.pl を実行するよう設定します。

記事一覧は記事の更新頻度にもよりますが、ある程度細かい頻度で再構築したいところですが、
そのたびに全体再構築をしていると負荷が高くなってしまうので、
Cron の設定時に mt-rebuild の再構築時のオプションを指定します。

mt-rebuildドキュメント

このオプションで、記事一覧を作成しているテンプレートだけを指定すれば、
再構築の頻度を多くしても負荷が少なくてすむのでオススメです。

※この記事は、なかの人(Iret_msaito)が書いています。

齋藤 充裕

齋藤 充裕

PHPをメインに細々開発。主食は麺。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。