share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.09.22 MON

Sensu on Windows Server 2012 R2 on Amazon EC2

川原 洋平

WRITTEN BY 川原 洋平

変なタイトルすいません。どうも、最近は「やっぱり一家に一台は Windows マシンが欲しいなあ」と思っている かっぱ (@inokara) です。

以前に…

Sensu on Windows Server 2008 on Amazon EC2 は試したことがありました(インストールしただけだけど)。今回は Windows Server 2012 R2 にインストールしてみたいと思います。

ゴールは Uchiwa の Client として登録されるとこまで。

事前準備

Windows Server 2012 R2 を調達

Sensu を Windows にインストール - 事前準備 (1)
これでいきましょう。

インスタンスが起動したらやること

IE ESC を一時的に無効に…

まずは Internet Explorer Enhanced Security Configuration を無効に…
Sensu を Windows にインストール - 事前準備 (2)
Server Manager から操作可能です。一連のセットアップが終わったら元の状態に戻しておいても良いでしょう。

.NET Framework 3.5 SP1 のインストール

次に .NET Framework 3.5 SP1 をインストールしましょう。インストールの手順は超大作になってしまったので…こちらに移動しました。

忘れずにインストールしましょう。

sensu-client のセットアップ

MSI パッケージのダウンロード

sensu-client for Windows はこちらにアクセスして msi のリンクをクリックしてダウンロードしましょう。
Sensu を Windows にインストール - インストール (1)

MSI パッケージでインストール4>
ダウンロード出来たらこっちのもんです。
Sensu を Windows にインストール - インストール (2)

パッケージをダブルクリック!
Sensu を Windows にインストール - インストール (3)

ようこそ!
Sensu を Windows にインストール - インストール (4)

アクセプト!
Sensu を Windows にインストール - インストール (5)

インストール先には C ドライブ直下の opt フォルダ!
Sensu を Windows にインストール - インストール (6)

インストール開始や!
Sensu を Windows にインストール - インストール (7)

暫くお待ちください…
Sensu を Windows にインストール - インストール (8)
インストールは簡単!

設定

設定ファイルフォルダを作成

まず、C ドライブ以下にディレクトリを作成しましょう。
Sensu を Windows にインストール - 設定 (1)
C ドライブ以下に etc フォルダを作成、次に sensu フォルダ、最後に conf.d を作成します。ついでに拡張子がちゃんと表示されるように設定を変更しておきましょう。

client.json の作成

以下の内容で client.json 作成して、上記で作成したフォルダ以下に置きましょう。

{
  "rabbitmq": {
    "host": "xxx.xxx.xxx.xxx",
    "port": 5672,
    "user": "sensu",
    "password": "mypass",
    "vhost": "/sensu"
  },
  "client": {
    "name": "win-sensu-client",
    "address": "xxx.xxx.xxx.xxx",
    "subscriptions": [
      "win-test"
    ]
  }
}
sensu-client をサービスに登録

コマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを実行します。

sc create sensu-client start= delayed-auto binPath= c:optsensubinsensu-client.exe DisplayName= "Sensu Client"

start= delayed-autobinPath= c:optsensubinsensu-client.exe 等の = 直後にある半角スペースは必須です。

The space between the equals(=) and the values is required.

とありますので注意しませう。
Sensu を Windows にインストール - 設定 (2)

以下のようにサービスが登録されています。
Sensu を Windows にインストール - 設定 (3)

sensu-client 起動や!

起動!

Sensu を Windows にインストール - 起動 (1)
Start を選択して sensu-client を起動します。

Uchiwa で確認!

Sensu を Windows にインストール - 起動 (2)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

さらにもう一台。
Sensu を Windows にインストール - 起動 (3)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

導入のトラブルシューティング

Error 1053: The Service did not Respond to the Start or Control Request in Timely Fashion

以下のようなエラーが出たら…
Sensu を Windows にインストール - トラブルシューティング (1)
.NET Framework 3.5 SP1 がインストールされていない可能性がありますのでインストールしましょう。

最後に

Sensu on Windows Server 2012 R2 の導入は意外に簡単でした。引続き、プラグインを利用した監視を行ってみたいと思います。

元記事はこちらです。
Sensu on Windows Server 2012 R2 on Amazon EC2

川原 洋平

川原 洋平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。