share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.04.12 THU

AWS .NET SDKでDynamoDBのテーブルを作成する

小森隆太

WRITTEN BY 小森隆太

こんにちわ。
職人見習いの小森です。

今回は、AWS Toolkit for Visual Studioについてです。VisualStudioは、C++6.0の頃から使っていたこともあり、興味が湧いたので触れてみます。

今回はスタートということで、Visual C# 2010 Expressをダウンロードしてきました。
そして、.NET 用 AWS SDKからAWSToolsAndSDKForNet.msiをダウンロードしてきます。

インストールは、Visual C#をインストールした後に、AWSToolsAndSDKForNet.msiをインストールするだけです。

新規作成を開き、今回はConsole Projectを選択します。

尚、新規プロジェクト作成時に、AccessKeyIDとSecretAccessKey、AccountNumberを入力する必要があります。

今回は、DynamoDBでテーブルを作成してみました。

Program.cs

namespace AWS_Console_App1
{
    class Program
    {
        public static void Main( string[] args)
        {
            Console.Write(GetServiceOutput());
            Console.Read();
        }
        public static AmazonDynamoDB client;

        public static string GetServiceOutput()
        {
            AmazonSecurityTokenServiceClient st = new AmazonSecurityTokenServiceClient();
            RefreshingSessionAWSCredentials sc = new RefreshingSessionAWSCredentials (st);

            client = new AmazonDynamoDBClient (sc);

            client.CreateTable( new CreateTableRequest
            {
                TableName = "Test",
                ProvisionedThroughput = new ProvisionedThroughput { ReadCapacityUnits = 5, WriteCapacityUnits = 5 },
                KeySchema = new KeySchema
                {
                    HashKeyElement = new KeySchemaElement { AttributeName = "Title", AttributeType = "S" },
                    RangeKeyElement = new KeySchemaElement { AttributeName = "Released", AttributeType = "S" }
                }
            });

            StringBuilder sb = new StringBuilder(1024);

            return sb.ToString();
        }
    }
}

上記のようにテーブルが簡単に作成できました。

※この記事は、なかの人(spitz8008)が書いています。

小森隆太

小森隆太

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。