share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

携帯・スマートフォンを対象にした、サイトアクセスの導線方法

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

こんにちは。
職人見習いの高嶋です。

今回は技術的な話ではないですが、下記のような他社サービスを利用した事例を紹介します。

顧客の携帯・スマートフォン端末から目的のサイトにアクセスしてもらう場合、主には以下の方法が
考えられます。

  • 直接URLを入力・アクセスしてもらう
  • 空メールを送信させ、返信メールにサイトURLを記載しておく
  • URL情報が入っているQRコードを端末のバーコードリーダーで読んでもらう

上記以外の方法として、株式会社BUGさんの『ピットタッチ』という機器を利用し、
端末をかざしてURLを表示・アクセスしてもらう方法の概要を紹介します。

○上記のような、サービスが利用されるシーン

  • 顧客来店型店舗
  • サイトアクセス以外にもポイント付与等の付加要素

携帯・スマートフォンのFelicaチップを感知してピットタッチがユニークなコードを付与したURLを
端末画面に表示してアクセスします。

しかし、iPhone等のFelicaチップを搭載していない端末の場合は、『スマート・サウンド・タッチ』というアプリを
インストールし、起動してピットタッチに近づけると、音声によりパラメータを付加したURLを
表示・アクセスしてもらう事が可能になります。

■株式会社ビー・ユー・ジー
http://www.bug.co.jp/

※この記事は、なかの人(piro556)が書いています。

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。