share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.09.06 SAT

Hexoのhexo-adminプラグインで管理画面を使う

古渡 晋也

WRITTEN BY古渡 晋也

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1の f_prg(@f_prg) です。
Hexoはブログのツールなのですが、管理画面がやはり欲しくなったりします。
管理画面はプラグインで提供されているのでご紹介したいと思います。

管理画面を使えるようにする

ドキュメント

ドキュメントはコチラです。
https://github.com/hexojs/hexo/wiki/Plugins

プラグインのインストール

hexo-adminプラグインをインストールします。

[01:20:08][f_prg@mba:blog]# npm install hexo-admin
npm http GET https://registry.npmjs.org/hexo-admin
npm http 200 https://registry.npmjs.org/hexo-admin
npm http GET https://registry.npmjs.org/hexo-admin/-/hexo-admin-0.1.3.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/hexo-admin/-/hexo-admin-0.1.3.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/body-parser
npm http GET https://registry.npmjs.org/moment
npm http GET https://registry.npmjs.org/serve-static
npm http 200 https://registry.npmjs.org/serve-static
npm http 200 https://registry.npmjs.org/body-parser
npm http GET https://registry.npmjs.org/serve-static/-/serve-static-1.5.1.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/body-parser/-/body-parser-1.6.3.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/serve-static/-/serve-static-1.5.1.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/body-parser/-/body-parser-1.6.3.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/moment
npm http GET https://registry.npmjs.org/escape-html/1.0.1
npm http GET https://registry.npmjs.org/parseurl
npm http GET https://registry.npmjs.org/send/0.8.1
npm http GET https://registry.npmjs.org/utils-merge/1.0.0
npm http GET https://registry.npmjs.org/iconv-lite/0.4.4
npm http GET https://registry.npmjs.org/qs/1.2.1
npm http GET https://registry.npmjs.org/media-typer/0.2.0
npm http GET https://registry.npmjs.org/raw-body/1.3.0
npm http GET https://registry.npmjs.org/type-is
npm http GET https://registry.npmjs.org/bytes/1.0.0
npm http GET https://registry.npmjs.org/depd/0.4.4
npm http 304 https://registry.npmjs.org/escape-html/1.0.1
npm http 200 https://registry.npmjs.org/send/0.8.1
npm http 304 https://registry.npmjs.org/utils-merge/1.0.0
npm http 200 https://registry.npmjs.org/qs/1.2.1
npm http 200 https://registry.npmjs.org/parseurl
npm http 200 https://registry.npmjs.org/media-typer/0.2.0
npm http 200 https://registry.npmjs.org/iconv-lite/0.4.4
npm http 200 https://registry.npmjs.org/raw-body/1.3.0
npm http 304 https://registry.npmjs.org/bytes/1.0.0
npm http 304 https://registry.npmjs.org/depd/0.4.4
npm http 200 https://registry.npmjs.org/type-is
npm http GET https://registry.npmjs.org/send/-/send-0.8.1.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/qs/-/qs-1.2.1.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/parseurl/-/parseurl-1.3.0.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/iconv-lite/-/iconv-lite-0.4.4.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/media-typer/-/media-typer-0.2.0.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/raw-body/-/raw-body-1.3.0.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/type-is/-/type-is-1.3.2.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/qs/-/qs-1.2.1.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/send/-/send-0.8.1.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/iconv-lite/-/iconv-lite-0.4.4.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/parseurl/-/parseurl-1.3.0.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/raw-body/-/raw-body-1.3.0.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/type-is/-/type-is-1.3.2.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/media-typer/-/media-typer-0.2.0.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/mime/1.2.11
npm http GET https://registry.npmjs.org/fresh/0.2.2
npm http GET https://registry.npmjs.org/debug/1.0.4
npm http GET https://registry.npmjs.org/finished/1.2.2
npm http GET https://registry.npmjs.org/ms/0.6.2
npm http GET https://registry.npmjs.org/range-parser
npm http 200 https://registry.npmjs.org/debug/1.0.4
npm http 200 https://registry.npmjs.org/mime/1.2.11
npm http 304 https://registry.npmjs.org/fresh/0.2.2
npm http 304 https://registry.npmjs.org/range-parser
npm http GET https://registry.npmjs.org/debug/-/debug-1.0.4.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/mime/-/mime-1.2.11.tgz
npm http 304 https://registry.npmjs.org/finished/1.2.2
npm http 304 https://registry.npmjs.org/ms/0.6.2
npm http 200 https://registry.npmjs.org/mime/-/mime-1.2.11.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/debug/-/debug-1.0.4.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/ee-first/1.0.3
npm http 304 https://registry.npmjs.org/ee-first/1.0.3
npm http GET https://registry.npmjs.org/mime-types
npm http 304 https://registry.npmjs.org/mime-types
hexo-admin@0.1.3 node_modules/hexo-admin
├── serve-static@1.5.1 (escape-html@1.0.1, utils-merge@1.0.0, parseurl@1.3.0, send@0.8.1)
├── body-parser@1.6.3 (media-typer@0.2.0, bytes@1.0.0, raw-body@1.3.0, depd@0.4.4, qs@1.2.1, type-is@1.3.2, iconv-lite@0.4.4)
└── moment@2.8.1

管理画面にアクセスする

http://localhost:4000/admin/
にアクセスしてください。
Posts(投稿)とAbout(プラグインについて)の2つだけのシンプルなものです。
ログインもありません。プレビューがあるのがいいですね。
※最初Safariでアクセスしたら、プレビューがでてませんでした。
Firefoxにしたところプレビューが出るようになりました。
Hexo 管理プラグイン: プレビュー画面

管理画面から記事を投稿してみる

New Postより投稿しようとしたところ、上手くできませんでした。

管理画面から記事を編集してみる

記事の編集は編集は可能でした。
一覧の、鉛筆マークから編集ができます。
Hexo 管理プラグイン: 設定画面

記事の編集

記事の編集ができます。プレビューができますが、見出しが同じさいずのようでちょっと見づらいです。

記事のプロパティの編集

右上の歯車のアイコンで、記事の日付、タグ、カテゴリの編集ができます。

記事の公開・非公開の編集

Unpublish と Publishをコントロールできるようです。
コマンドから記事を生成すると、
/source/post/
フォルダに Markdown ファイルができます。
非公開にすると、ファイルが
/source/draft/
というフォルダに移動されるようです。
_config.ymlの

_config.yml

post_asset_folder: true

でのフォルダ、/source/_draft/hexo_admin_plugin
は移動されないようです。

まとめ

まだまだ挙動が微妙なところがあるようです。
改善を期待した所です。

参考資料・リンク

今回はございません。

元記事はこちらです。
Hexoのhexo-adminプラグインで管理画面を使う

古渡 晋也

古渡 晋也

縁があって、cloudpackにジョインしました。 JAWS-UG さいたま支部コアメンバーとしても活動しております。 cloudpackにてインフラ設計・構築・運用をしております。 HadoopやMongoDBなどいろいろ経験しております。 あと、開発もできるエンジニアです。 開発可能な言語はC, C++, C#, アセンブラ, PHP, Ruby, JavaScript, Java, Objective-Cです。