share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.09.04 THU

SSL サーバー証明書の鍵長を CSR から確認する

川原 洋平

WRITTEN BY 川原 洋平

最近、小ネタが続いてすいません。かっぱ(@inokara)です。

どうやるの?

以下のように CSR を指定して確認します。
openssl req -text -in ./example.test.inokara.com.csr | head

以下のように表示されます。

Certificate Request:
    Data:
        Version: 0 (0x0)
        Subject: C=JP, ST=Tokyo, L=xxxxxx-xxx, O=Kawahara-Rice-Center Inc., CN=example.test.inokara.com
        Subject Public Key Info:
            Public Key Algorithm: rsaEncryption
                Public-Key: (2048 bit)
                Modulus:
                    00:ca:c6:d9:c9:84:85:af:62:5f:9a:a6:37:36:3f:
                    43:a0:36:0a:1a:10:dd:61:fe:97:7d:1a:7c:2c:f6:
川原米穀店の証明書も 2048 bit のようです。

あと、以下のようなチェックツールもありますので積極的に利用しましょう。


尚、今回、この記事を確認あたりまして以下のサイトを参考にさせて頂きました。有難うございます。


ふう

やれやれ。 元記事はこちらです。
SSL サーバー証明書の鍵長を CSR から確認する
cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。