share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.05.15 TUE

CentOS(5.8)にWebistranoをインストール

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

今回は、CentOS(5.8)にWebistranoをインストールしてみました。

はじめに、必要なパッケージのインストールです。

# yum -y install rubygem-rake
# yum -y install ruby-mysql
# gem install rack --version 1.0.1

次に、Webistranoのダウンロードと展開をします。

# cd /opt/
# curl -OL https://github.com/downloads/peritor/webistrano/webistrano-1.5.zip
# unzip webistrano-1.5.zip

さらに、設定ファイルをコピーして調整します。

# cd webistrano/config
# cp webistrano_config.rb.sample webistrano_config.rb
# cp database.yml.sample database.yml

特に database.yml は実際に利用するMySQLのパラメータにし、MySQL上には必要なデータベースを
作成しておく必要があります。

最後にデータベース内にテーブル等を作成し、起動します。

# cd ../
# RAILS_ENV=production rake db:migrate
# ruby script/server -d -p 3000 -e production

起動した状態で下記にアクセスすると、Webistranoのページが表示されます。

http://xxx.xxx.xxx.xxx:3000/

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。