share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.06.19 TUE

ログインユーザー(認証)をOpenLDAPで管理(冗長化編)

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

OpenLDAPの冗長化(ミラーモード)の記事を紹介したので、今度は以前行った
ログインユーザー(認証)をOpenLDAPで管理する部分を、
冗長化したOpenLDAPに対応させたいと思います。

尚、手順としましては下記の記事の通りになります。

CentOS6.2のログインユーザー(認証)をOpenLDAPで管理(NSS編)
CentOS6.2のログインユーザー(認証)をOpenLDAPで管理(PAM編)

設定としましては、設定ファイル(nslcd.conf / pam_ldap.conf)に対象サーバを記述する部分を、
複数記述するのみになります。

具体的には下記のようになります。

# cat /etc/nslcd.conf
...
uri ldap://ha-a/ ldap://ha-b/
...

# cat /etc/pam_ldap.conf
...
host ha-a ha-b
...

上記により、一方のOpenLDAPに障害が発生した場合にも、もう一方のOpenLDAPに接続することで
ログインできるはずです。

それでは確認してみます。

まず、両方のOpenLDAPが起動している状態でログインしてみます。

[root@ha-b ~]# su - suzuki1
[suzuki1@ha-b ~]$

当然ですが、ログインできます。

次に、ha-aのOpenLDAPを停止してみます。

[root@ha-a ~]# /etc/init.d/slapd stop
slapd を停止中: [ OK ]

まだ、ログインできます。

[root@ha-b ~]# su - suzuki1
[suzuki1@ha-b ~]$

そして、ha-bのOpenLDAPも停止します。

[root@ha-b ~]# /etc/init.d/slapd stop
slapd を停止中: [ OK ]

今度は両方のOpenLDAPが停止しているのでログインできません。

[root@ha-b ~]# su - suzuki1
su: suzuki1 というユーザは存在しません

最後に、ha-aのOpenLDAPを起動します。

[root@ha-a ~]# /etc/init.d/slapd start
slapd を起動中: [ OK ]

無事ログインできるようになりました。

[root@ha-b ~]# su - suzuki1
[suzuki1@ha-b ~]$

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。