share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.08.25 MON

Amazon EC2 T2インスタンスのバーストパフォーマンスをベンチマークしてみた(UnixBench)

吉田 真吾

WRITTEN BY 吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

実際どんなもんかなと思い、UnixBenchでバーストパフォーマンスを計測しました。

T2インスタンス

CPUクレジット(1クレジットは1CPUを1分間フルに使える)という、バーストパフォーマンスの特性を持ったインスタンスです。まあ、だいぶみなさん使い慣れてきましたよね。

クレジットの消費状況と残高はCloudWatchから取得可能です。

クレジットの消費状況と残高はCloudWatchから取得可能

T2インスタンスファミリーの基本情報

  • 以下3種類のインスタンスサイズが選べます。
    type.size vCPU CPU種別 総ECU RAM Instance Storage Network EBS-Optimized Price/hour
    t2.micro 1 Intel Xeon E5-2670 v2 @ 2.50GHz 可変 1 $0.020
    t2.small 1 Intel Xeon E5-2670 v2 @ 2.50GHz 可変 2 低〜中 $0.040
    t2.medium 2 Intel Xeon E5-2670 v2 @ 2.50GHz 可変 4 $0.080

    ※Price/hourはLinuxの東京価格

  • 比較対象の旧世代のインスタンスは、t1.micro,m1.small,m1.medium
    type.size vCPU CPU種別 総ECU RAM Instance Storage Network EBS-Optimized Price/hour
    t1.micro 1 Intel Xeon ファミリー 可変 0.615 $0.026
    m1.small 1 Intel Xeon ファミリー 1 1.7 1 x 160 $0.061
    m1.medium 1 Intel Xeon ファミリー 2 3.7 1 x 410 $0.122

前提条件

目的

  • バーストパフォーマンス時における旧世代のインスタンスとのCPUパワーの違いがどのくらいあるか知りたい。

測定条件

  • T2インスタンスは「Amazon Linux AMI 2014.03.2 (HVM) – ami-29dc9228」
  • T1,M1インスタンスは「Amazon Linux AMI 2014.03.2 (PV) – ami-25dd9324」
  • 全てのインスタンスは上記AMIに入ってるパッケージから更新しない。
  • 全てのインスタンスはI/O性能がばらつかないように、gp2(SSD) EBSの1000GBをルートボリュームにして3000IOPSで固定。
  • 全てのインスタンスは起動後に3回連続で測定した平均値。ただし、t2において初期のCPUクレジットでCPUバーストが保つのがmicro,smallは2回分、mediumは1回分のみなので、毎回新しいインスタンスを起動して測定。
  • UnixBenchのバージョンは5.1.3。パッチは充てない。

測定結果

あくまで目安として。

type.size score
t1.micro 234.5※
m1.small 166.4
m1.medium 353.8
t2.micro 1699.8
t2.small 1613.9
t2.medium 2694.3

※2回目の途中からCPUのバーストが抑えられたようで、3回目は53.3になった

T2バーストパフォーマンスのグラフ

まとめ

元記事は、こちらです。
Amazon EC2 T2インスタンスのバーストパフォーマンスをベンチマークしてみた(UnixBench)

吉田 真吾

吉田 真吾

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。