これは何

Event Bridge + Lambda でAurora Autoscaleインスタンスに任意のタグ自動でを付与する方法

Aurora Autoscaleインスタンスに任意のタグを付与したい

Aurora Autoscale設定でリードレプリカにタグを付与したい時ありますよね
しかし、現状スケールするリードレプリカに任意のタグを付与する設定はありませんでした
(2022年6月9日 現在)

仕方がないので、Lambdaとその周りのリソースをServerless Frameworkで作成してみました

構成

Aurora Auto Scaling によって作成されたインスタンスには下記のタグが付与されているため
対象のKeyが付与されているRDSに対して、任意のタグを付与する

Key Value
application-autoscaling:resourceId hoge
Aurora Auto Scaling を適用して自動的に Aurora レプリカをスケールします。

事前準備

Serverless Frameworkで実行するのでインストールが必要です

手順

1.下記のリポジトリをローカルにクローン

Contribute to Ryuji-1998/sls_aurora-autoscale-add-tags development by creating an account on GitHub.

2.variable.pyに付与したいタグのKeyとValueを入力

variable.py

key = ""
value = ""

3.デプロイ

$ serverless deploy -v

4.Autoscale台数を増やして任意のタグが付与されているか確認する

5.終わり!

課題点

現在の設定だと「付与したい対象のクラスター」まで対象が絞り込めれず
「Aurora Autoscaleで作成されたリードレプリカ全て」が対象になります

理由としては、最初は RDSイベント通知(SNS) → Lambda にしようかと思ったのですが
SNSのメッセージイベントからでは「add_tags_to_resource」に必要な情報のRDSのarnが上手く取得できずこのような形になりました

Lambda を使用して、Amazon SNS 通知を処理します。

元記事はこちら

Aurora Autoscaleのリードレプリカに任意のタグを自動で付与する

著者:
やま


アイレットなら、AWS で稼働するサーバーを対象とした監視・運用・保守における煩わしい作業をすべて一括して対応し、経験豊富なプロフェッショナルが最適なシステム環境を実現いたします。AWS プレミアコンサルティングパートナーであるアイレットに、ぜひお任せください。

AWS 運用・保守サービスページ

その他のサービスについてのお問合せ、お見積り依頼は下記フォームよりお気軽にご相談ください。
https://cloudpack.jp/contact/form/