share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.08.22 FRI

Java1.5インストール(CentOS6.5)

佐藤 裕行

WRITTEN BY佐藤 裕行

cloudpack佐藤裕行です。

Java1.5 Install

CeontOS6.5にJava1.5をインストールする。

RPM取得

以下のサイトから1.5.0.22のバージョンのRPMをダウンロードする。

オラクルアカウントは取得しておく。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javasebusiness/downloads/java-archive-downloads-javase5-419410.html

jdkをダウンロードします - Java1.5インストールsトール(CentOS)

インストール

サーバへSCP等でファイルを送り、実行権限を付与する。

chmod +x jdk-1_5_0_22-linux-amd64-rpm.bin

実行

./jdk-1_5_0_22-linux-amd64-rpm.bin

ライセンスに関しては、スペースを押して進めていき
最後に[yes]を入力。

正常にインストールが終了することを確認。

パス設定

Profileにパスを設定

vim /etc/profile/
export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.5.0_22/
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

適用

source /etc/profile

確認

#java -version
java version "1.5.0_22"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_22-b03)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 1.5.0_22-b03, mixed mode)

以上

元記事は、こちらです。
Java1.5インストール(CentOS6.5)

佐藤 裕行

佐藤 裕行

元NIerの通称砂糖です。AWSのネットワークまわりには詳しいです。現在は構築チームに所属し、多忙な日々を過ごしています。