share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.08.22 FRI

ELB 配下の Apache で特定の User Agent をログに記録しないようにする

川原 洋平

WRITTEN BY 川原 洋平

よく忘れるのでメモっておきますのかっぱ(@inokara) です。

ELB のヘルスチェックログを記録しないようにする

以下、参考です。

ということで ELB のヘルスチェックのログは下記のようなログになります。

xxx.xxx.xxx.xxx – – [18/Aug/2014:01:46:50 +0000] “GET /index.html HTTP/1.1” 200 521 “-” “ELB-HealthChecker/1.0” – “-“

ということで、バックエンドの Apache 側では以下のように SetEnvIf を利用して、ログに記録しないユーザーエージェントを定義します。

SetEnvIf User-Agent “ELB-HealthChecker.*” nolog
CustomLog logs/access_log combined env=!nolog

今回は触れませんが、これを応用すると特定のユーザーエージェントだけを別のログに記録することも可能なようです。

以上、簡単ですが

メモまで。

元記事は、こちらです。
ELB 配下の Apache で特定の User Agent をログに記録しないようにする

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。