share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.07.18 WED

lsyncdを複数ディレクトリに適用

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

下記のようにlsyncdを紹介してきましたが、適用対象は単一のディレクトリでした。
今回は、複数のディレクトリに対して適用する方法を紹介します。

設定は、下記のように設定ファイル(/etc/lsyncd.conf)でsyncブロックを複数記述するだけで実現することができます。

settings = {
logfile = "/var/log/lsyncd.log",
statusFile = "/var/log/lsyncd.status",
nodaemon = true,
}

s3sync = {
maxProcesses = 1,
onStartup = "s3cmd -c /root/.s3cfg -P -r --delete-removed sync ^source ^target/",
onCreate = "s3cmd -c /root/.s3cfg -P put ^source^pathname ^target^pathname",
onModify = "s3cmd -c /root/.s3cfg -P put ^source^pathname ^target^pathname",
onDelete = "s3cmd -c /root/.s3cfg del ^target^pathname",
onMove = "s3cmd -c /root/.s3cfg mv ^target^o.pathname ^target^d.pathname",
}

sync{
s3sync,
source = "/tmp/src1",
target = "s3://www.suz-lab.com/tmp1",
}

sync{
s3sync,
source = "/tmp/src2",
target = "s3://www.suz-lab.com/tmp2",
}

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。