share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.08.21 THU

MacでリモートデスクトップするときはRemote Desktop Connection for MacじゃなくてMicrosoft Remote Desktopを使おう

吉田 真吾

WRITTEN BY 吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

今までWindows Serverは2008 R2をよく使ってたので、OS Xからリモートデスクトップで接続するときにはMSのサイトにあるこれを使ってました。
01

  • これ↓

02

  • バージョンはこんな感じ

03

Windows Server 2012にはRemote Desktop Connection for Macからでは繋がらない

  • これでWindows Server 2012につなげようとすると、

04

  • 「接続先のコンピューターのIDを確認できません。」というエラーになる。

05

Macの人はpp Storeで配布されているMicrosoft Remote Desktopを使おう

  • Windows 8.1ベースからはこちらを利用しないといけないみたいです

06

  • これね↓

07

設定方法(Amazon EC2の場合)

EC2の接続情報を取得する
  • EC2 Management Consoleから該当のインスタンスを選択して右クリック→Get Windows Password

08

  • 起動時に指定したKey Pairを選択してDecrypt Password

09

  • IPアドレス / ユーザー名 / パスワード が取得できます

10

Microsoft Remote Desktopを設定する
  • Microsoft Remote Desktopを起動して新しい接続を作成

11

  • 上記で確認したIPアドレス、ユーザー名、パスワードを入力します

12

  • xで閉じると接続情報ができているので、ダブルクリックあるいはStartをクリック
  • 接続される

13

Windows 8.1ベースだとこちらを利用しないといけない件、まとめがありました。

元記事は、こちら
MacでリモートデスクトップするときはRemote Desktop Connection for MacじゃなくてMicrosoft Remote Desktopを使おう

吉田 真吾

吉田 真吾