share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.08.20 WED

go go 郷! 〜 初めての go lang 〜

川原 洋平

WRITTEN BY川原 洋平

どうも、go かっぱ@inokara)です。

はじめに

こちらを拝見させて頂いて go に興味が芽生えたので 30 分位使ってみました。英語、中国語、Ruby に Python 色々な言語にチョコチョコ手を出しては挫折を繰り返してきましたが、何か目的があれば長続き出来るのでは…ということでこちらで取り上げられているのと同じように、最終的には監視ツール(Sensu プラグイン)を作ってみたいと思います…(どうなることやら…

ちなみに、go については以下のサイトに詳しく書かれていたりしますのでそちらを御覧ください。


インストゥール

インストールした環境は MacOS X 10.9 Marvericks です。インストゥールには brew と使います。

brew install go

クロスコンパイル環境をインストールしたい場合には…

brew install go --cross-compile-all

としてインストールします。


とりあえず hiromi go

とりあえず Hello World 的なことをやりましょう。

package main

import fmt "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("Hiromi Go!!n")
}

実行

go run test.go

以下のように表示されました。

01

おお、簡単ですね。

ビルド

とりあえず MacOS X 環境でビルドしてみます。

go build test.go

出来たバイナリを実行します。

./test

結果は以下のように表示されます。

02

クロスビルド

次に Amazon Linux 向けにビルドしてみたいと思いますので以下のように実行します。

GOOS=linux GOARCH=amd64 go build test.go

出来たバイナリを Amazon Linux に転送して実行します。

03

おお、実行されました。


go! go! 郷!

って感じで引き続きやっていきます。

元記事は、こちら