share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.07.24 TUE

WindowsのEC2インスタンスでCドライブのサイズを増やす

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

WindowsのEC2インスタンスのCドライブはデフォルトで30GBですが、
用途によってはサイズを増やしたい場合があると思います。

この場合、下記のようにCドライブのEBSをよりサイズが大きなものに
差し替える方法で増やすことが可能です。

1. 適当なAMIからWindowsのEC2インスタンスを起動させます。

2. 起動したEC2を停止します。

3. 起動したEC2のCドライブに相当するEBSをデタッチします。
(EC2が停止状態である必要があります)

4. デタッチしたEC2のスナップショットを作成します。

5. 作成したスナップショットからEBSを作成します。

6. 作成したスナップショットからサイズを大きくしたEBSを新たに作成します。

7. 新たに作成したサイズの大きいEBSをEC2(Windows)に再度アタッチします。

8. アタッチするときにデバイスは”/dev/sda1″とします。

9. サイズの大きいEBSをアタッチした状態でEC2(Windows)を起動します。

10. ログインしてCドライブを確認すると、まだ昔のサイズ(30GB)です。

11. 「コンピューターの管理」から「ディスクの管理」を行います。

12. 「ディスクの管理」からCドライブを拡張します。

13. 無事、ディスクが40GBに拡張されました。

14. Cドライブとしても40GBに拡張されていることがわかります。

あとは、必要に応じてAMIにするだけです。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。