share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2012.07.27 FRI

NagiosでHTML内の文字列の監視

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

Nagiosのcheck_httpというHTTPの動作状態を監視するプラグインを利用することが可能です。

-r オプションを指定することで、その文字列がHTMLコンテンツに含まれる場合はOK、
含まれない場合はCRITICALとすることができます。

# /usr/lib/nagios/plugins/check_http -H blog.suz-lab.com -r suz-lab
HTTP OK: HTTP/1.1 200 OK - 149795 bytes in 0.553 second response time |time=0.552581s;;;0.000000 size=149795B;;;0
# /usr/lib/nagios/plugins/check_http -H blog.suz-lab.com -r suzuki
HTTP CRITICAL: HTTP/1.1 200 OK - pattern not found - 149795 bytes in 0.458 second response time |time=0.457688s;;;0.000000 size=149795B;;;0

結果を反対(文字列含まれる場合はNG、含まれない場合はOK)とする場合は、
–invert-regex オプションを付けることで実現できます。

# /usr/lib/nagios/plugins/check_http -H blog.suz-lab.com --invert-regex -r suz-lab
HTTP CRITICAL: HTTP/1.1 200 OK - pattern found - 149795 bytes in 0.536 second response time |time=0.535726s;;;0.000000 size=149795B;;;0
# /usr/lib/nagios/plugins/check_http -H blog.suz-lab.com --invert-regex -r suzuki
HTTP OK: HTTP/1.1 200 OK - 149795 bytes in 0.738 second response time |time=0.738425s;;;0.000000 size=149795B;;;0

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。