概要

  • 先週、AWS WAF(WebACL)を作成時に、「WAFUnavailableEntityException」のエラーを経験しました。以前はこのエラーを経験したことはありませんでしたが、今回は数回経験したため記事にします。
    • WAFUnavailableEntityException: AWS WAF couldn’t retrieve the resource that you requested. Retry your request.
  • WebACL を作成する際、AWSマネジメントコンソールからWAF & Shieldを選択、[Creare web ACL]を押して、WebACL の作成に進みます。
  • 最後に、Review and create web ACLにおいて、設定に問題がなければ [Create web ACL]を押しますが、この時下記のエラーが発生する場合があります。

対処方法

  • 原因は分かりませんが、retry しても発生する場合がありました。この現象は、WebACL は作成されていますが、AWS resource の関連付けに失敗していることが分かりました。
  • このエラーが発生した際は、追加でAWS resource を関連付けます。WebACL のリソースを選択し、「Associated AWS resources」に進みます。[Add AWS resources]を押し、WebACL の関連付けにAWS resource を追加します。

関連資料

  • 下記のドキュメントに、WebACL のエラー一覧があります。残念ながら、エラーメッセージ以上の説明はありません。

WAFUnavailableEntityException
AWS WAF couldn’t retrieve the resource that you requested. Retry your request.

HTTP Status Code: 400

Creates a per the specifications provided.

元記事はこちら

https://oji-cloud.net/2021/11/01/post-6627/


アイレットなら、AWS で稼働するサーバーを対象とした監視・運用・保守における煩わしい作業をすべて一括して対応し、経験豊富なプロフェッショナルが最適なシステム環境を実現いたします。AWS プレミアコンサルティングパートナーであるアイレットに、ぜひお任せください。

AWS 運用・保守サービスページ:
https://cloudpack.jp/service/aws/maintenance.html

その他のサービスについてのお問合せ、お見積り依頼は下記フォームよりお気軽にご相談ください。
https://cloudpack.jp/contact/form/