share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.10.12 TUE

waagent が古いとAzure Backup が有効化できない

新川 貴章

WRITTEN BY 新川 貴章

症状

  • Azure Backup(Azure Backup Recovery Services コンテナー)を使用し、Azure VM のバックアップを設定しました。しかし、下記エラーが出力され、バックアップが有効化できません。
  • Azure VM のバックアップ設定は、こちらの記事を利用しています。

対処方法

概要

  • 以下 Microsoft Docs を参照したところ、バックアップに失敗する要因として、Linux VM にインストールされているエージェント(waagent)のVersion が古い場合にエラーが起きる様です。

原因 2:VM にインストールされているエージェントが古くなっている (Linux VM の場合)

  • Linux VM の場合、エージェントに関連するエラーまたは拡張機能に関連するエラーのほとんどは、古い VM エージェントに影響する問題が原因で発生します。
エージェント、拡張機能、ディスクに関する Azure Backup のエラーの症状、原因、解決策。

waagent のアップデート方法

  • Linux VM にログインし、エージェント(waagent)を更新します。
  • yum list にて、インストール済みパッケージ, 利用可能なパッケージの情報を確認します。
$ sudo yum list WALinuxAgent
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * epel: ftp-stud.hs-esslingen.de
インストール済みパッケージ
WALinuxAgent.noarch                2.2.18-1.el7.centos                @openlogic
利用可能なパッケージ
WALinuxAgent.noarch                2.3.1.1-1_ol001.el7                openlogic 
  • yum install にて、最新のエージェント(waagent)をインストールします。
$ sudo yum install WALinuxAgent 
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * epel: mirror.netcologne.de
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ WALinuxAgent.noarch 0:2.2.18-1.el7.centos を 更新
---> パッケージ WALinuxAgent.noarch 0:2.3.1.1-1_ol001.el7 を アップデート
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
 Package           アーキテクチャー
                               バージョン                  リポジトリー    容量
================================================================================
更新します:
 WALinuxAgent      noarch      2.3.1.1-1_ol001.el7         openlogic      499 k

トランザクションの要約
================================================================================
更新  1 パッケージ

総ダウンロード容量: 499 k
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
Delta RPMs disabled because /usr/bin/applydeltarpm not installed.
WALinuxAgent-2.3.1.1-1_ol001.el7.noarch.rpm                | 499 kB   00:00     
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  更新します              : WALinuxAgent-2.3.1.1-1_ol001.el7.noarch         1/2 
warning: /etc/waagent.conf created as /etc/waagent.conf.rpmnew
  整理中                  : WALinuxAgent-2.2.18-1.el7.centos.noarch         2/2 
  検証中                  : WALinuxAgent-2.2.18-1.el7.centos.noarch         2/2 

更新:
  WALinuxAgent.noarch 0:2.3.1.1-1_ol001.el7                                     

完了しました!
  • yum list にて、再度パッケージの情報を確認します。
$ sudo yum list WALinuxAgent
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * epel: mirror.netcologne.de
インストール済みパッケージ
WALinuxAgent.noarch                2.3.1.1-1_ol001.el7                @openlogic
  • systemctl statusにて、waagent.service サービスのステータスを確認します。yum install にてサービス再起動まで実施された様です。
$ sudo systemctl status waagent.service
● waagent.service - Azure Linux Agent
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/waagent.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 水 2021-10-06 01:38:18 UTC; 21s ago
 Main PID: 83326 (python)
   CGroup: /system.slice/waagent.service
           tq83326 /usr/bin/python -u /usr/sbin/waagent -daemon
           mq83409 /usr/bin/python -u bin/WALinuxAgent-2.4.0.2-py2.7.egg -run...

リトライ

  • 再度、Azure VM のバックアップ設定を試みます。
  • 無事、バックアップが有効化されました。

元記事はこちら

https://oji-cloud.net/2021/10/09/post-6595/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=post-6595

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。