share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.10.08 FRI

社長に聞く!「新卒採用についてどう思っていますか!?」〜アイレットの新卒採用を知ろうシリーズ#4〜

羽鳥 愛美

WRITTEN BY 羽鳥 愛美

「アイレットの新卒採用を知ろうシリーズ」第4弾です。

これまでアイレットの新卒採用活動について、採用・人事担当の想いや入社後の研修制度・フォロー体制、そして新卒社員の活躍について紹介してきました。

「就社」ではなく「就職」活動を〜アイレットの新卒採用を知ろう #1〜
新卒離職率3.9%!新卒社員がさらに活躍できる会社へ〜アイレットの新卒採用を知ろう #2〜
入社後の不安を払拭しながら先輩社員と成長する「メンター制度」〜アイレットの新卒採用を知ろうシリーズ#3

<番外編>
入社2年目の社員が講師を務める「AWS研修」!2021年度の講師インタビュー前編
入社2年目の社員が講師を務める「AWS研修」!2021年度の講師インタビュー後編
資格コンプリートへの道は、「試験の申し込み」から始まる〜AWS資格コンプリートを達成した新卒社員インタビュー

アイレットは新卒採用に力を入れているということ、そして新卒社員が活躍できる会社であるということを知っていただけたかなと思います。

今回は、そんな新卒採用活動を経営層はどう考えているのか、アイレット社長・岩永充正に直接質問してきました!

新卒社員に期待することや成長するためのポイントなどにも触れられており、とても参考になる内容となっています。
IT業界、そしてエンジニアを目指す方、またアイレットに興味のある方はぜひご覧ください。

会社全体に刺激を与えてくれる存在

岩永さん、本日はよろしくお願いします。
アイレットが新卒採用を強化し始めて、約5年。新卒社員に対してどんな印象を持っていますか?


前向きな人が多い印象です。
2018年以降、毎年約20名の新卒社員が入社していますが、みなさんが各分野で力を発揮してくれています。AWS認定資格をコンプリートした人もいれば、2年目からグループリーダーとして現場をリードしてくれている人、また、経営層にどんどん質問をしてきたりする人もいますね。


岩永さんが新卒社員と直接関わることもありますか?


直接関わる機会は少ないですね。コロナ禍以前は事業部毎に懇親会を開いていたので、そこで話すこともあったのですが、今はなかなか難しいです。それでも、役員同士の会話で「こんな新卒社員がいますよ」といった話が出てくるので、新卒社員の活躍はしっかり伝わってきています。


自分の活躍を役員の方々に知ってもらえるのは新卒社員にとってモチベーションに繋がると思います。


新卒社員のモチベーションに繋がるのであればもっと直接関わる機会も作っていきたいですね。新卒社員の活躍は、同期だけではなく、先輩社員、そして私たち経営層にも刺激を与えています。社員一人ひとりの成長が会社の成長に繋がるので、今後の活躍にも期待しています。どんどんアイレットを盛り上げていって欲しいです。

社員の成長を全力でサポート

新卒社員にはどんな人財になってほしいと考えていますか?


アイレットの中核を担う人財になってほしいと考えています。
中核を担う人財とは、簡単にいうと「目立つ人財」ですね。「アイレットといえばこの人」と言われることを目標にしてほしいと思います。インフラ・開発・デザインと各分野のスペシャリストが存在しているのがアイレットです。早い段階で自分の得意分野を見つけ、その分野をリードしていく人財になっていってほしいです。もちろん、経験豊富な先輩社員がしっかりサポートしてくれますよ。


アイレットは社員の成長をサポートする制度が整っていますよね。


今年スタートした「iretスペシャリスト認定制度」はまさにそうですね。
エンジニアのキャリアの選択肢を示すことを目的とした制度で、技術を軸として社内外で活躍する社員の貢献度や専門能力を評価・認定するものです。今年度のスペシャリストに2018年入社の新卒社員が選出されているので、後輩のみなさんもどんどん挑戦していってほしいです。資格取得に関しても、受験料全額補助や資格取得一時金などを設けています。

「iretスペシャリストインタビューシリーズ」

・第1弾:青池利昭編(https://cloudpack.media/57341
・第2弾:古屋啓介編(https://cloudpack.media/57265
・第3弾:山﨑慎太郎編(https://cloudpack.media/57856) ※2018年入社の新卒社員
・第4弾:高橋修一編(https://cloudpack.media/57967
・第5弾:廣山豊編(https://cloudpack.media/58526


アイレットの制度は社員の声で生まれるものが多い印象です。


そうですね。社員の声は大切にしているので、新卒社員の目線でもっとこういった制度がほしいというリクエストがあればどんどん声をあげてほしいです。人事と密に連携して、サポート体制もさらに充実させていきます。

「スピードの速さ」はどこにも負けない

岩永さんは現在のアイレットの状況についてどう考えていますか?


アイレットがKDDIグループに加わったのが2017年、同時に私はアイレットの一員になりました。当時のアイレットは「cloudpack」が急成長していて、とても勢いがあるということを外から見て感じていました。
そしてKDDIグループになったことで、会社・組織としての土台がしっかりできました。今は第2成長期と捉えています。KDDIグループの利点を活かしながら、そして「アイレットらしさ」を大切にしながら、これまで以上に成長し、最高のテクノロジーカンパニーを創りたいと考えています。


岩永さんの感じている「アイレットらしさ」とは何でしょうか?


とにかくスピードが速いところです。判断のスピード、お客様の求めていることに対して結果を出すスピードはどこにも負けません。この「スピード」を武器にすることでお客様からの信頼も得られていると考えています。


ワンストップ開発でのスピードはアイレットの最大の強みですよね!若いエンジニアのみなさんからは「会社の成長スピードが速いので、刺激になる」という話もよく聞きます。


若手でも活躍できるところがアイレットの魅力です。若いうちから現場で活躍できるので、その分刺激も多いと思います。


そんなアイレットで成長していくために必要なことは何でしょうか?


「向上心」です。新卒社員に限らずですが、常に向上心を持ち続けて欲しいです。テクノロジーは日々アップデートされているので、最新の情報を得るためには勉強が必要です。「エンジニア」というと、未経験で目指せるものなのか不安を感じる人もいますが、過去の知識は過去のものですよね。入社までに技術についての知識がなくても、日々勉強することで経験者との差は必ず埋まっていきます。


文系未経験の新卒社員でも資格コンプリートなど様々な面で活躍してくれていますよね!


新卒社員は特に「向上心」で溢れているなと感じています。勢いがすごいですよね。先ほども言いましたが、社員一人ひとりの成長が会社の成長に繋がるので、みなさんが向上心を持ち続けている限り、アイレットの成長は止まりません。新卒採用は、アイレットの成長スピードを加速させてくれる”原動力”になると期待しています。

コロナ禍での経験は必ず活きてくる

最後になりますが、現在はコロナ禍で、学生の就職活動が制限されている状況です。これから就職活動をスタートする学生へメッセージをお願いします。


アイレットは、コロナ禍に対応するためすぐに在宅勤務に切り替え、在宅勤務手当を整備するなど臨機応変に動いています。また、内定取り消し・大学中退などコロナの影響を受けた学生への雇用支援や、新しい働き方に対応するためのリモートワーク導入コンサルティングサービスの提供など、世の中の課題解決に貢献しています。

学生のみなさんも、思うように活動できず悔しい時期を過ごしているかと思いますが、コロナ禍であっても人とのコミュニケーションをどのように図っていくかが重要だと考えています。自分が置かれている状況で何ができるのかを考え、実行してみる。この経験はきっとこの先役に立つはずです。そして、世の中の課題をテクノロジーで解決することに面白さを感じたら、ぜひアイレットの一員となってください。「最高のテクノロジーカンパニー」を一緒に創り上げていきましょう。

編集後記

インタビューを通じて、新卒社員に対する大きな期待が伝わってきました。
「iretスペシャリスト」の認定をはじめ、資格取得やイベント登壇などで新卒社員が活躍することは、アイレット全体に刺激を与えてくれています。

アイレットの成長の原動力として、今後の新卒社員の活躍にも期待しています!

アイレットでは、IT業界を目指す学生を対象とした「IT業界勉強会」、さらに就職活動前にAWSの基礎的な知識を身に付けたい方を対象にした「AWS基礎知識習得セミナー」を開催しています。ご興味ある方はぜひお申込みください!

新卒採用ページ:https://www.iret.co.jp/newgraduate/

それでは最後までお読みくださりありがとうございました!
次回は副社長・平野弘紀へのインタビューをお届けします。

羽鳥 愛美

羽鳥 愛美

2016年3月入社。アイレットの広報担当。 新潟県小千谷市出身。おいしいお肉とビールが好き。