share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2013.10.07 MON

「RDBMS in the Cloud: Oracle Database on AWS」を読んでみたメモ (2)

吉田 真吾

WRITTEN BY 吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

RDBMS in the Cloud: Oracle Database on AWS」が掲載されたので、読んでみました。

第2回目はP6~P8「Oracle Licensing and Support」「Starting an Oracle Database Instance on AWS」

○Oracle ライセンスとサポート

  • Amazon RDS 上での Oracle ライセンス
    • 2つのライセンスモデルを利用できる。
    • ライセンス込み型は、AWS利用料と別にOracleライセンスを支払う必要がない。ライセンスはRDSの時間単位のコストに含まれている。現在このモデルは Oracle database Standard Edition One に限定されている。
    • BYOL型は、すでにあなたの持っている Oracle database ライセンスを Amazon RDS 環境に利用でき、新規ライセンスは Oracle から直接入手する必要がある。BYOL型では、こちら( Oracle in the Amazon Web Services Cloud Frequently Asked Questions

○AWS で Oracle Database インスタンスをはじめる
AWS で Oracle database インスタンスをはじめる方法は構成要件次第である。

■Amazon RDS で Oracle Database インスタンスをはじめる
Amazon RDS で Oracle Database インスタンスをはじめる方法は簡単である。AWS Management Console を使って操作を行うか、開始したい Oracle エンジンのバージョンを選択すると、基盤のソフトウェアの選択、構成が行われる。AWS Management Console を使って操作を行う場合、RDSのタブを選択し、「Launch a DB instance」を押下し、利用したいOracleのエディションを選択する。
次に、RDSインスタンスのサイズやデータベースのサイズやI/O設定といったいくつかのパラメータの指定を行い、構成を決定する。この構成についてはこのホワイトペーパーの後ろのほうで説明する。これら全ての操作はコマンドラインツール(CLI)を使ったり、Java、Node,js、PHP、Python、Ruby、.NETといったいくつかのプログラム言語から制御可能なAPIを使って実現することもできる。

■Amazon EC2 で Oracle Database インスタンスをはじめる
Amazon EC2 で Oracle Database インスタンスをはじめるためにまずやらなければならないのは、Amazon Machine Image(AMI)の選択である。AMI は Amazon EC2 の仮想マシンを構築するために、特定の状態のOSやソフトウェア構成(この場合 Oracle ソフトウェア)が保存されているものである。Amazon EC2 インスタンスは AWS Management Console や CLI、API を用いて起動できる。

■Amazon EC2 の Linux AMI を選択する
AWS Marketplace ) から選ぶ事ができる。

こちらの記事はなかの人(yoshidashingo)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

吉田 真吾

吉田 真吾

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。