share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.09.07 TUE

中国 AWS WAF はCloudFront 非対応

新川 貴章

WRITTEN BY 新川 貴章

概要

  • 以前は中国のBeijingリージョン(Sinnet)、Ningxiaリージョン(NWCD)では、AWS WAF が利用できませんでしたが、2021/6/2 の AWSアップデートにより、中国のBeijing、Ningxiaリージョンも AWS WAF が利用できるようになりました。
  • 今回、中国のBeijingリージョンにWebACL を作成してみましたが、対象の Resource にCloudFront は選択できませんでした。

中国 WebACL 作成の画面

  • 中国のBeijingリージョンでは、マネージメントコンソールから「WAF & Shield」ではなく、「WAF」を選択します。

  • こちらの画面は見た目は変わりませんが、左側メニューに「AWS Shield」の選択が現れませんね。

  • WebACL を作成する際に、Resource type に「Regional resources」しか選択できず、他のリージョンで現れる「CloudFront distributions」が表示されませんでした。

  • AWSのアナウンス文にも記載ある通り、Application Load Balancer, Amazon API Gateway, Amazon AppSync しか対応していないことが分かりました。

元記事はこちら

https://oji-cloud.net/2021/09/06/post-6547/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=post-6547

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。