share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.08.02 MON

AWS認定試験のTips

廣山 豊

WRITTEN BY 廣山 豊

ソリューションアーキテクト プロフェッショナル試験の更新を済ませてきました。
前回の更新を忘れていて、アソシエイトから受け直すことになったので、今回は忘れぬうちに!

試験においての自分流Tipsを共有しておきます。
誰かのお役に立てればこれ幸い : )

英語に切り替える

読みにくい日本語は英語に切り替えるとわかりやすいことも。

とくに、複数選択問題。
例えば、「2つ選びなさい」という問題の場合、
AとBを両方行うことで実現できるパターンと、
AでもBでもどちらでもできるパターン、どちらも考えられる。

前者の場合、「Combination」と書いているので、明確に判断がつく。

理解の浅いサービスに関する問題が出たら、サービス名と問題番号をメモる

試験内の別問題で、そのサービスが含まれる問題が出てくることもあります。
その問題が、大きなヒントになることも結構あります。
合わせて読むと、さっき不明確だったことが、別の問題で明確になることも。

途中での想定算時間を割り出す

プロフェッショナル試験の場合、問題数75問、試験時間180分と長丁場。
最初に、ざっくりと途中時点での想定算時間を書いておくと、大幅な時間不足を防げる。
例えば、プロフェッショナル試験だと、25問の時点で残り120分、50問の時点で残り60分が等分のペース。
これを下回るペースだと少し急いだ方がいいかも。
見直しを考える人は、25問の時点で残り130分、50問の時点で残り80分のペースで進め、見直しに30分残すとか。
ペース配分は個人によるので、適宜チューニングになりますが、試験開始前または早いうちに時間見積もりを立てて、途中経過を観測することをオススメ。

図を描く

※ オンラインではできないらしい
とくにプロフェッショナル試験は問題が長く、構成の説明だけで10行ぐらい続くことも。
図に描くことで、長々とした説明を視覚的に捉えて、問題文で問われていることに集中できる気が。

元記事はこちら

https://qiita.com/Hiroyama-Yutaka/items/b1193a3f35c2d84c4d18

廣山 豊

廣山 豊

もっか修行中

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。