share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2021.06.21 MON

商業誌執筆者の会メンバーが「技術書同人誌博覧会」(技書博)に出展します

木檜 和明

WRITTEN BY 木檜 和明

商業誌執筆者の会」コミュニティのメンバーが6/19(土)に開催される「技術書同人誌博覧会」(技書博)に多数出展しますのでご紹介します。

大澤秀一さん

09 OHK

Auth屋さん

16 Auth屋

おやかたさん

51 親方Project

モウフカブールtech(小笠原種高さん大澤文孝さんのユニット)

62 フトンカブーレ

63 モウフカブール

湊川あいさん

66 湊川あいの、わかば家。

貴重なリアルイベントのため著者さんと実際にお話する機会が得られますので、興味のあるかたはぜひ遊びに行ってみて下さい。僕もスタッフとして参加します。

この技書博を主催するariakiさんインフラエンジニアBooksのYouTube番組でエンジニアが技術書を執筆する(広い意味でのアウトプットを含む)意義や同人誌発行にかかる費用や損益分岐点の解説、そして技書博の魅力・楽しみ方を存分に語ってくださっています。

「アウトプットはエンジニアの成長につながる」というariakiさんの考え方に僕も100%同意で、それを技書博というイベントで具現化しているところが素晴らしいと思います。

元記事はこちら

商業誌執筆者の会メンバーが「技術書同人誌博覧会」(技書博)に出展します

木檜 和明

木檜 和明

遠くのクラウドと手元のIoTデバイス、両エッジをつないだものづくりがしたいと妄想中。Arduinoのコミュニテイやってます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。